天心と武尊はどっちが強い?徹底分析で勝敗予想!ルールと試合展開次第?

2022年6月に対戦が決まっているキックボクシングの頂上決戦、那須川天心vs武尊戦は、「どちらが勝つのか」「どちらが強いのか」論争でかなり盛り上がっていますね!

格闘家やファンの見解や、これまでの戦績や両者のファイトスタイル、長所・短所、ウィークポイントまで徹底的に解説をしつつ、どちらが勝つのか予想していきたいと思います。

2022年6月、いよいよ対戦が実現する天心vs武尊

天心 武尊 どっちが強い 予想 ルール 試合引用:https://times.abema.tv/articles/-/10009664

2015年、那須川天心選手(当時16歳)が「K1の武尊選手とやりたい」と発言してから6年。

団体の壁に阻まれ続けて、なかなか実現することがないまま時が経ち、「二度と実現しない伝説のカード」とまで言われてきた那須川天心vs武尊の試合でしたが、

2022年6月にいよいよ実現することが決まりました!

そもそもなぜ実現にこれほどまでの時間を要したのか、詳しくは下の記事でまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▶︎天心と武尊(たける)の試合はなぜファン待望!?時系列で経緯まとめ!キック頂上決戦

天心と武尊はどっちが強いのか?

2015年から約6年にわたり繰り広げられてきた「天心と武尊はどっちが強いのか?」論争も、2022年の6月に決着が付きます。

この6年間、両者負けなし・敵なしという状況のため勝敗予想が非常にしにくいです。どちらが強いのか?というのもまた、難しいところですね…!

下馬評では若干天心優勢

那須川天心引用:https://news.yahoo.co.jp/

試合前の下馬評では、若干の差で那須川天心選手の勝利を予想する声のほうが多いようです。

2016年からある投票サイトでは、那須川天心の勝利予想が53%と僅差で優勢。

天心 武尊 どっちが強い 予想引用:https://tohyotalk.com/

また、2020年3月にTwitterで行われたアンケートでも、4,607票とかなりの票数(!)がありながら、これも50.6%と僅差で那須川天心の勝利予想が上回りました。

著名格闘家の勝利予想も天心優勢

もうひとつ注目すべきが、格闘技界の著名人の事前の勝利予想でも、圧倒的に那須川天心選手の優勢でした。

那須川天心派
  • 堀口恭司(2回目)
  • 朝倉未来(ただし最近はわからなくなった)
  • 中澤純(ただし今は五分五分)
  • 原口健飛
  • 久保優太(ただし体重次第)
  • 京口紘人
  • 小比類巻貴之
  • 武蔵
  • ロッタン
武尊派
  • 堀口恭司(1回目)
  • 魔裟斗
  • 皇治

というわけで、「武尊選手」と断言しているのは魔裟斗だけという結果になりました。

ただし、魔裟斗選手は本人ずっとK-1の選手であり、K-1を背負って戦い続ける武尊選手に情があるので、そういう予想をするのは当たり前かもしれませんね。

ところで、勝敗予想のなかで最も興味深いのは、K-1からRIZINに移籍しなにかと話題の皇治選手

上のすべての格闘家のなかで、天心選手、武尊選手の両者と対決したことがあるのは実は皇治選手だけなんですよね。なので、皇治選手の予想というのは非常に参考になるわけです。

2020年大晦日RIZINの天心戦で、試合後のインタビューで「武尊と天心はどっちが強いと思いますか?」という質問にたいし、皇治選手は

「ふたりに負けた俺が言うようなことでもないですけど、武尊選手のほうが強い」と断言しました。(7:32〜再生します)

また、別の番組でも同じように質問され、

「武尊とやったときには殺気があって、“殺される”と思ったからその覚悟で打ち合った。天心君とやったときには、それはなかったし、何度打たれても倒れないと思った。」

「でも天心君はスピードがあってアウトボクシングができるから、スポーツとしては天心君のほうがうまいかもしれない。喧嘩だったら武尊ですね。」

という非常に的確な予想をしていました。以下、そのときの動画です。(15分〜再生します)

いずれにしても「ルールや体重次第」という人がほとんど

多くの著名人などの予想を見ていても、「天心」「武尊」と断言する人はほとんどいないのが面白いところです。

ほとんどの方が「57kg以下なら天心」とか、「3Rなら天心」「KOなら武尊」というように、ルールや体重次第で有利・不利が変わってくると予想をしています。

そういう意味でも、天心と武尊はどっちが強いのか?という質問は、格闘技の専門家でも予想するのが難しいのだと思います。

那須川天心と武尊は真っ向から違うタイプの選手

そもそも、なぜ天心選手と武尊選手の勝敗予想が難しいかというと、両者は真逆のタイプの選手だからです。真逆のファイトスタイルということですね。

ここは、那須川天心選手自身も言及しています。下記動画の17秒〜再生します。

自分とは全く違った選手。武尊選手は被弾覚悟で倒しに行く。自分は当てさせずに当てるというタイプ」と言っています。

皇治選手の「天心君はスピードがあってアウトボクシングができるから、スポーツとしては天心君のほうがうまいかもしれない。喧嘩だったら武尊ですね。」という発言は的を得ていることがわかります。

スポーツなら天心選手。喧嘩なら武尊選手。ということで、これは格闘技界の先輩たちの勝敗予想とも通づるものがあります。

判定なら天心選手KOなら武尊選手。と予想する人が多いのも、そういうことですね。

そういう意味では現状の勝敗予想はすべて「ルール次第」ということになります。

ルールはまだ未定!ただし「完全決着」の可能性もある

天心vs武尊の試合に関しては、まだ会場やルールなどの詳細は発表されていません。最新情報は以下の記事にまとめてありますので、ぜひご覧ください。

▶︎【決定版】那須川天心VS武尊の試合チケット購入方法!販売はいつで価格は?試合会場はどこ?

契約体重58kgということだけ決まっているようです。

なおラウンド数について、会見のなかで武尊は「この試合に判定はいらない。完全決着でやりたいと思っている」と発言するシーンがありました。

これにたいし榊原CEOは、「大人の都合上、完全決着だとお尻(終わり時間)が見えないなどの障壁がある。引き続き協議したい」と難色を示していました。

天心選手は「つまり、そこまで長引かせなきゃいいってことですよね。」と完全決着ルール自体には賛同しているようでした。

世紀の一戦ということもあり、完全決着ルールの可能性もありますが、天心選手も武尊選手もまだ選手生命は続きますので無茶をさせるわけにもいかない。また地上波で放送するでしょうから、ラウンドが重なることによる終了時刻などの影響も否めません。

というわけで、これから徐々にルールも発表されることになりますが、決定事項は逐一両者の勝敗の有利/不利を左右する条件にもなりそうです。今後の発表に注目が集まります。

ここから先は、天心選手と武尊選手の強みや苦手なタイプなどの詳細を深堀りしていきます。

那須川天心の強み:スピードとテクニック

那須川天心引用:https://thedigestweb.com/

天心選手の最大の強みは、スピードテクニックです。とりわけスピードに関しては格闘技界のなかでもトップクラスといえるでしょう。

相手がパンチを打ち返す頃には「もうそこにいない」と言われるほどのスピードの持ち主で、反射神経や動体視力も天性の才能です。そのため、普通の選手はカウンターをもらってしまうため、なかなか手出しができないのです。

また、「アウトサイダー」といって、足を使って距離を取って戦うスタイルを得意とします。

スピードが強みの天心選手は、打って離れる、打って離れるを繰り返すことで、確実にポイントを取っていく勝ち方をします。そのため、「負けない戦い方」が素晴らしくうまいのです。

天心選手の戦い方
得意のスピードを生かしながら、足を使ってうまくさばく技巧派

武尊の強み:パワーとフィジカル

武尊引用:https://news.yahoo.co.jp/

たいして、武尊選手の強みはパワーフィジカルにあります。もちろん、スピードやテクニックもありますが、天心選手には劣る部分があります。

天心選手は「アウトサイド・スタイル」を好むのにたいし、武尊選手は「インサイド・スタイル」とよばれる、いわゆる接近戦での「打ち合い」を得意とします。

武尊選手は「自分も当たる覚悟で当てに行く」という捨身スタイルなのです。

そして、どんなときでも一歩も下がらず、とにかく前に前に打ち合いに出てくる選手。そして、相手に全力を出させて、自分も被弾しながらも最後は倒すという戦い方を貫いてきました。

そのため、ファンに感動を与えることができるカリスマというわけですね。

武尊選手の戦い方
どちらかが倒れるまで打ち合いを挑むパンチャータイプ

これで、天心選手と武尊選手の格闘家としてのタイプがだいぶ理解できてきたのではないでしょうか…!?

両者は互いに「苦手なタイプ」である

天心 武尊 どっちが強い 予想 ルール 試合引用:Instagram

ところで、周囲の下馬評はさておき、天心選手、武尊選手にとってお互いはどう見えているのでしょうか?

結論から先に言ってしまうと、天心選手にとって武尊選手は「苦手なタイプ」であり、武尊選手にとっても天心選手は「苦手タイプ」なのです。

上の章で「真逆のタイプ」という話もありましたが、互いにやりづらい相手であることもまた、この試合の予想を難しくしている要因のひとつです。

それでは、これまでの戦績のなかで、両者が最も苦戦したと思われる試合を振り返ってみます。

那須川天心が最も苦戦した相手:ロッタン

天心選手が最も苦戦した選手といえばこの人。ロッタン・ジットムアンノン選手です。

タイでは言わずと知れた実力者で、現ONEムエタイフライ級の絶対王者です。日本の格闘技界でも非常に有名な選手です。天心選手が過去の戦績において、目に見えて苦戦していたのは、ロッタン選手くらいと言っても過言ではありません。

結局、3Rでは決着がつかずに延長1Rを行い、僅差で那須川天心選手が判定で勝利します。

どれくらい苦戦したかというのは試合を見れば一目瞭然ですが、天心選手は試合後のインタビューで涙を流し、「試合に勝って勝負に負けた」と発言しました。

この試合、なぜ天心選手が苦戦したのでしょうか?

天心選手はスピードを生かして足で戦う選手です。そのため、打ち合いをしてこようとする選手には自分の距離が取れずに動きにくくなります。

ロッタン選手はまさにその典型的なファイトスタイルで、試合中も両者がくっついているシーンも多いですよね。この、打ち合いを挑んでくる相手が天心選手はあまり得意ではないのです。スピードという長所を生かしにくいからですね。

天心選手が「前に出てくる選手が苦手」というのは、このロッタン戦で露呈したことになります。

引用:https://gonkaku.jp/articles/8755

また、最終ラウンドに向かうにつれ、ロッタン選手よりも天心選手のほうがしんどそうにしています。

そうです、天心選手が武尊選手に劣るところがあるとするならば、スタミナです。

天心選手はスピードを生かした戦い方をしているため、短期戦に強いのです。ただ、キックボクシングは最大3Rなので、普段はスタミナが課題になることはあまりありません。

つまり、本当に「完全決着ルール」になると、長期戦になり、天心選手が不利になる可能性があるということです。

武尊が最も苦戦した相手:村越 優汰

意外に思われるかもしれませんが、武尊選手がこれまでで最も苦戦したのは、2019年に行われた村越優汰選手です。

この試合、武尊選手は8ヶ月のブランク明けだったので、本来の動きではないものの、それにしてもいつもよりも被弾もしていましたし、危ない場面もたくさんありました。

そしてもうひとつ、武尊選手には過去の戦績で唯一敗戦があります。それが、2012年の京谷祐希選手です。この試合は、試合中に武尊選手の鼻が折れてしまい大量出血。ドクターストップがかかったことによるTKO負けです。

ダウンや判定負けというわけではないので、本人的にも悔しい負け方だったと思います。

この2試合を見てお気づきになった方もいると思いますが、武尊選手の弱み、それは、サウスポーの選手がものすごく苦手であるということなのです。

プロになってからほとんど負けなし、常に圧勝の武尊選手ですが、苦戦した試合は村越選手、京谷選手同様、実は相手はサウスポー。これが、天心戦において武尊選手が最も不利になりえるウィークポイントなのです。

ふたりは力が拮抗しているからこそ、天心戦に向けて武尊選手がいかにサウスポー対策ができているかが大きな鍵になってきます。

そして、武尊選手は接近戦で打ち合いをしてくる選手とガチンコで勝負することで、自分の力を発揮します。天心選手のように、足を使って捌いてくる選手には、なかなか良さを出し切ることができないですし、そういう戦い方をされてしまうと、結果的にスピード(手数)で負けて判定負けをしてしまう可能性が高いのです。

武尊引用:https://www.perfectkickboxing.com/

実際に天心vsロッタン戦も、ロッタンが終始前に出ているので、一見ロッタン選手のほうが有利に試合を進めているように見えます。

が、よく見ると良いパンチを当てている回数は天心選手のほうが多いのです。

押されているように見えて実はポイントを取っている」。これが天心選手の得意とするところであり、同時に武尊選手にとっては一番最悪の展開になります。

天心vs武尊。この試合に賭ける想いはいかに?

ここまでは、スキル面でさまざまな意見を検証してきました。

ここからはすこし視点を変えて、天心選手と武尊選手、両者のこの試合に賭ける想いやマインド面について触れていきたいと思います。

注目してみたいのが、これまでは天心選手の勝利予想の声が多かったのですが、若干風潮が変わってきています。それがこれらのツイートです。

これは実は、Twitterで投票されているなかで最も得票数の多いアンケートです。直近のアンケートでは、実はどれも武尊選手のKO予想が過半数勝ちしているのです…!!

過去のアンケートを見ると天心選手の勝利予想がほとんどでしたが、ここに来て武尊選手の勝利予想の声が増えている傾向が顕著です。

なぜでしょうか??

天心vs武尊戦に賭ける思いが武尊のほうが強い?

那須川天心 武尊 会見引用:https://www.k-1.co.jp/

これはあくまで世間の声ではありますが、このような意見が多いようです。

このような意見が多い理由は、試合が決まった際の会見での両者の雰囲気の違いにありました。

表情を少しも崩さずに終始ピリピリした表情の武尊選手に比べて、天心選手はおどけたり冗談を言って、場を和ませるシーンも何度かありましたね。

互いの性格もあると思いますが、「この試合に人生を賭ける」「負けたら格闘技を辞める」と断言している武尊選手と、ボクシングへの転向も決まり先を見据えている天心選手。

両者のこの一戦に賭けるモチベーションの違いが見てとれた会見でした。

武尊 会見引用:Yahoo!ニュース

「気持ちで武尊選手が勝つ」という声が圧倒的に増えている

このように、2022年に入り徐々に武尊選手の勝利予想の声が激増しているのが興味深いところです。

上記のように、「武尊選手のほうが気持ちが強い」というのが理由です。

格闘技の世界はスキルや身体能力だけではない部分も大部分を占めますが、そのひとつが「気持ち」です。

武尊選手は「この試合に人生を賭ける。死んでも良い」と言ってのけ、天心選手は「那須川天心はヒーローでいなくちゃ」という発言をしています。

すべてを背負っているという気迫を見せる武尊選手の応援が増えているのは、とても面白いですね。盛り上がってきたな!という感じがします。

戦績ではどちらも差がないほど敵なしなので、比較はできません。今後のルールや契約次第でまた勝敗予想をしていくしかありませんね。

まとめ:天心vs武尊戦の勝敗はルールに大きく左右される

さて、ここまで「天心と武尊はどっちが強いのか」という疑問にたいする検証と声などをまとめてまいりました。

  • 下馬評では天心選手の勝利予想の声が優勢
  • 特に格闘技界はほとんどが天心選手
  • ふたりは互いに「苦手なタイプ」
  • 勝敗の予想は今後決まってゆくルール次第
  • 最近は武尊選手の勝利予想が激増している
  • 理由は「この試合に賭ける気持ちの重み」

という結果となりました。日本では魔裟斗vs山本KID以来のビッグマッチになりますので、今後の発表なども楽しみですね。新しい情報がありましたら随時追記してまいります。

×