【画像】黄皓の両親の職業&国籍は?実家は貧乏→金持ち!父親は会社社長&母親は美人!

黄皓の両親の顔画像と職業は?

バチェラージャパンシーズン4で、4代目バチェラーに選ばれた黄皓さんが注目を集めています。

バチェロレッテへ参加していた頃からファンが多く、ハイスペックで人間性も完璧だと言われた黄皓さんのご両親は一体どのような方なのでしょうか?

黄皓さんは現在中国・上海で貿易会社を経営しており、日本でもヒューマンプロデュースの会社を経営しています。

品のある振る舞いからは、実家がお金持ちというイメージがある黄皓さんですが、どのような家庭環境で育ったのでしょうか?

名前から想像できるように、黄皓さんご両親の国籍は日本ではありません。

また、実家がお金持ちと言われていますが、ご両親の職業や日本との関係はどのようなものなのでしょうか?

今回の記事では、黄皓さんのご両親の顔画像・国籍・職業・実家・ご両親の馴れ初め・日本との関係について詳しくご紹介していきます。

黄皓の両親の顔画像や名前は?

黄皓さんのご両親は、バチェロッテエピソード7に出演されていました。

黄皓さんがバチェロレッテである福田萌子さんにご両親を紹介しで、黄家の伝統である餃子ワインパーティーをして一緒に楽しんでいました。

その姿はとても微笑ましく、おしどり夫婦という言葉がよく似合う素敵なご夫婦という印象を受けました。

黄皓の父親はイケメン

黄皓さんの父親の名前は黄天霽さんと言います。

名前の読み方は、テンサイさんかテンセイさんのようです。

黄皓さんに似て、優しさが滲み出ているお父さんですね。

黄皓の父親・黄天霽の顔画像

引用:Twitter

黄皓さんは、顔の系統が父親似であることがわかりますね。

性格的にはどちらかというと、嫁の尻に敷かれているタイプの旦那さんであるようです。

黄皓の母親は美人

そして、こちらが黄皓さんの母親の冷冰さんです。

名前の読み方はヒレイさんのようです。

お母さんはとてもお綺麗で、結婚していない息子・黄皓さんのことを心配されているようでした。

黄皓の母親・冷冰の顔画像

引用:Twitter

今回、バチェラーシーズン4でも黄皓さんのご両親が参加される場面はあるのでしょうか?

黄皓の両親の馴れ初め

黄皓さんのご両親は、大学時代の入学して2ヶ月の時にお互いが一目惚れをして出会い、交際に発展して結婚されています。

現在でもラブラブという言葉が似合うほど、とても仲が良いことがわかります。

黄皓さんがバチェラーシーズン4で、参加者の女性との第一印象を大事にしていると話していたのは、ご両親のように出会った瞬間の運命的な感情を大事にしたいという思いがあったからだと思われます。

黄皓さんのInstagramには、よくご両親や家族で写る画像がアップされています。

ペアルックで手を繋いで散歩する黄皓さんのご両親の姿が写っており、仲の良さが伺えますね。

黄皓の両親の仲良しペアルック画像

引用:Instagram

黄皓の両親の国籍や日本との関係は?

黄皓の両親の国籍は中国!

名前からわかった方もいらっしゃると思いますが、黄皓さんのご両親は2人共が中国出身で国籍は中国です。

そのため、黄皓さん自身も中国の上海で生まれ育ちましたので、国籍は両親と同じ中国人になります。

黄皓さんが日本人のような見た目をしており、日本語も堪能なので日本人だと勘違いされるようですが、ハーフやクオーターではなく生粋の中国人ということでした。

このように、幼い頃の黄皓さんの画像を見るとわかりますが、服装が中国っぽさを感じると黄皓さん自身もインスタグラムでコメントしていますね。

黄皓の両親と日本の関係は?

黄皓さんの両親は、黄皓さんが3歳の時に日本に働きに出たことで日本との関係ができました。

元々お金持ちの実家で、おぼっちゃまとして育ったイメージのある黄皓さんですが、中国にある湖南省長沙市という場所で生まれ育ち、意外にも幼少期は貧乏で住んでいた団地は古くでボロボロだったそうです。

そのため、黄皓さんの両親は1989年から2005年頃までの十数年間日本に来日し、働きながらお金を貯めて暮らしていました。

その経験があるので、黄皓さんのご両親は、現在日常会話はスラスラと喋れるほど日本語が上達しています。

黄皓さんはまだ幼かったので、上海にある実家の祖父の元で育てられました。

黄皓さんが本格的に来日したのは高校生になる16歳の時のようで、それまでは家族で離れて過ごす時間も多かったようです。

そんなご両親ですが、日本での仕事で貯金を貯めた後は、母国の中国に戻って会社を経営していました。

黄皓の両親の職業・父親は貿易会社の社長!

現在、黄皓さんのご両親は母国である中国に帰って実家の上海で暮らしています。

黄皓さんの父親はすでに、企業した会社を黄皓さんに継いでもらっているので、現在は仕事の第一線からは離れているそうですが、かなりの規模に成長させていたことがわかります。

黄皓の父親の職業は貿易会社の社長

黄皓さんの父親の職業は貿易会社の社長で、2005年に上海で「上海TCL」という名前の会社を設立し、代表取締役として主に物流や貿易関係の仕事・経営してきました。

2018年に黄皓さんが父親の会社の経営を継いでいますので、現在黄皓さんが社長を務める会社の1つでもあります。

さらに、黄皓さんの父親はその他にも複数の会社を設立しており、

  • 貿易会社
  • 割り箸製造
  • ゴミ回収
  • ワイシャツ販売

などの4つの経営に挑戦してきたのですが、貿易会社意外は軌道に乗せることができず倒産してしまっています。

それでも、貿易会社は黄皓さんが跡を継ぐ前から、年商数十億を超える規模の会社になっていたというので、やり手の企業家であることがわかります。

黄皓さんは父親が病気を患ったことをきっかけに、2016年に会社に就職して2018年に社長の座を引き継いでいます。

現在はとても元気そうに見えますが、身体のこともあるので黄皓さんに結婚してもらい安心したいのかもしれませんね。

黄皓の母親の職業はバリキャリ

そんな黄皓さんの父親に負けないほどバリバリに働いていたのが、黄皓さんの母親です。

黄皓さんの母親の職業について業種は明かされていませんが、日本では夫婦で同じ会社に就職して働いていたというので、貿易会社を経営していることを考えると、貿易関係のお仕事をされていたのだと予想されます。

父親より母親の方が第一線で働いていて役職も上だったというので、まさにバリキャリという言葉が似合うキャリアウーマンだったよう。

黄皓さんは、そんな母親の姿を見て育ってきているので、自立してる「かっこいい女性」に惹かれる傾向にあるのではないでしょうか。

出稼ぎというと、飲食店でのバイトのようなイメージが強いですが、黄皓さんが早稲田大学に進学している事からも、ご両親も学力が高く、かなりキャリアのある職業についていたことがわかりますね。

黄皓の実家はお金持ち?

黄皓さんの両親の国籍や職業を見てきましたが、黄皓さんは生まれた時から実家がお金持ちという訳ではありませんでした。

黄皓さんが19歳の頃に、ご両親が努力して起業した会社を大きく成長させていったことで、段々と実家がお金持ちになっていることがわかりました。

会社のホームページによると、黄皓さんの父親が設立した会社の正式名称は「上海迪希尔国際貨物運輸代理有限公司」というそうで、資本金は800万元日本円でいう1億4000万)でした。

年商も数十億となれば、年収もかなり高くお金持ちであることは間違いありません。

バチェラー4への参加の意気込みで、黄皓さんは理想の結婚について両親のような関係を築けることだと語っていました。現在は、黄皓さんが複数の会社を経営しており、ご両親のためにたくさん親孝行をしていることでしょう。

今回の旅で運命のお相手を見つけて、素敵なご両親にも負けないほど素敵な家庭を作り上げていって欲しいですね。