最愛・真犯人は誰?3人の理由や殺害動機・黒幕存在も!考察と予想まとめ

最愛・真犯人は誰?黒幕の存在も

最愛・第6話が放送されて、真犯人が優意外にいるという可能性が浮上してきました。

現時点でドラマの中で亡くなっているのは、渡辺康介・朝宮達雄・渡辺昭の3人で、2人が殺害されており、1人が病死です。

しかし、達雄と共にしたいを埋めた共犯者の存在や、渡辺昭が生きていた件からして、他に真犯人がいるとの考察が盛り上がっています。

そこで、気になる真犯人について殺害動機や理由などを過去の記憶からの分析しました。

最愛・真犯人は3人いると考察される理由は?

ドラマ最愛では、それぞれに「最愛」のものがあり、それを守ることがテーマとなっています。

梨央にとっての最愛が優であるように、各登場人物に最愛のものがあるのです。

そのため、ドラマの中で起きた殺人事件は全て、最愛のものを守ろうとした結果であるということが予想されます。

元々、優も最愛の存在である梨央のことを守ろうとして渡辺康介を刺しましたね。

父親の達雄も、最愛の子供達のことを守ろうとして、自ら罪を被って自白する動画を録画していました。

これまでのストーリーも今後の展開も、すべて最愛のものを守ることがテーマとして物語が進んでいきますので、それぞれの思いが少しずつ重なって事件を複雑にしていると考えられます。

最愛・真犯人の3人は誰?考察予想まとめ

最愛・真犯人は誰?殺害動機と理由

引用:Twitter

最愛・渡辺昭殺害の真犯人は?

今回、優が池で殺したとされていた渡辺昭は死んでおらず、一度池から出てきて生きていたことがわかりました。

そのため、優意外に渡辺昭を殺した真犯人がいるということになります。

しかし、現時点では、渡辺昭が池から出てきた後の足取りが掴めていません。

警察も目撃情報を調べている最中なので、真相は謎ですが死因として考えられるのは

  1. 後頭部を何者かに殴られたことによるもの
  2. 溺死

の2種類だとされています。

渡辺昭を殺す必要がある人として考えられるのは、「後藤信介」です。

最愛・後藤信介の殺害動機は?

後藤信介は会社を守ること・社長の座につくことというのが目的にあります。

時期社長と言われていたのもかかわらず、梨央に社長の座を奪われてしまったので、どんな手を使ってでも取り返そうとしていると考えられます。

  1. 会社の邪魔ものになる渡辺昭を殺したかった
  2. 渡辺昭に最後に会ったのが梨央であるため、殺害して梨央に罪を被せようとした

渡辺昭を殺すことで、その両方が叶うことになりますので、後藤信介が真犯人の可能性は高そうです!

さらに、優に罪を被せたということは優の記憶障害を知らないとできないことなので、優と梨央の兄弟関係を分かっていたことなります。

そうであれば、優が家出した後に居場所を知っていた母親・梓も絡んでいる気がしてきますね。

最愛・渡辺康介殺害の真犯人は?

第1話で優が殺害したと言われていた渡辺康介殺しにも、真犯人がいた可能性が浮上しています。

というのも、元々幼い優が刺した鉄の棒だけで致命傷になるのか?と疑問がもたれていました。

そして、第6話で橘しおり(旧姓:松村栞)が渡辺康介を知る関係者であることがわかりました。

次回予告で、橘しおりが「殺されたって仕方ない」という発言をしていることからも、殺害に関与していると考えることができます。

橘しおりは15年前の事件の日に、寮に訪れて大麻パーティーに参加していた1人とも言われていますので、渡辺康介に強い恨みを持っていたのかも知れません。

最愛・橘しおりの殺害動機は?

橘しおりが渡辺康介を殺す動機として考えられているものは

  1. 渡辺康介に性的被害を受けた被害者
  2. 渡辺康介の恋人で自分以外の女を犯していたことを知ったから

というものが考えられます。

そのため、優が渡辺康介を刺した後にとどめを刺したのが橘しおりだと言われています。

最愛・朝宮達雄殺害の真犯人は?

では、梨央の父親である朝宮達雄ですが、現時点ではくも膜下出血が死因と言われています。

しかし、15年前の事件が起きた直後で、しかも罪を償うと動画まで撮影していました。

そのタイミングで病死というのには誰しもが違和感を抱えたようです。

そして、第5話で事件現場にいた人影が映っていたことで、渡辺康介の死体遺棄には共犯者がいたことが明らかになっています。

そのことから、死体遺棄の犯人は「藤井隼人」で、台風の影響で達雄の車に乗って戻ってきたところ事件を知り協力したと考えられています。

最愛・藤井隼人の殺害動機は?

では、なぜ藤井隼人が朝宮達雄を殺害した犯人と言われるのかというと、藤井隼人は父親が警察官で将来警察になることが期待されている立場であったことから、事件に関係していることがバレてはいけなかったからだと考えられます。

達雄の殺害動機としては、達雄が自主すると言い出したことをきっかけに、遺体現場から自分が関わっていたことがバレないよう隠蔽するために殺したと考えられます。

また、藤井は実は梨央のことが好きだったと言われていますので、最愛の人を守りたかったという思いもあったのではないでしょうか。

藤井の犯人説は、こちらの記事でさらに詳しく13の動機についてまとめてあります。

▶︎最愛・藤井隼人が犯人!怪しい理由&言動と犯行動機は?大麻/時計/写真が証拠

最愛・真犯人と黒幕は別人?

以上、3つの事件の犯人はそれぞれ別人という考察が成り立っていますが、さらに犯人とは別に黒幕がいると考えられています。

それは梨央の母親である「真田梓」です。

梨央を社長にしたのも、優の居場所を知っていたのも、加瀬さんを雇っているのも、後藤と古い友人なのも、全て真田梓です。

今はまだ、梨央の見方をしてくれているいい母親というポジションですが、本性は別にあると予想されています。

また、これまで犯人予想として名前が上がっていたのは宮崎大輝でしたが、今回も梨央のために全力で動いており、15年前の事件について知る様子は全くありませんでした。

▶︎最愛・大輝が犯人の理由とアリバイを検証!麻薬パーティーで左利き?