【コレコレ】ハラミちゃん著作権違反で炎上!紅白出演できる?ドラクエの耳コピで罰金?

ハラミちゃんが著作権違反で炎上!紅白どうなる?

2021年10月25日に、コレコレチャンネルの生配信で、YouTuberとして活躍するハラミちゃんとゆゆうたさんの著作権違反問題が公になり炎上しました。

どうやらハラミちゃんが過去にYouTubeにアップした動画に問題があったようです!

現在、紅白歌合戦への出演が決まっている状態ではありますので、詳しい炎上内容や今後の活動についてまとめました。

【動画】ハラミちゃんが著作権違反で炎上!

ハラミちゃんの著作権違法問題は、2021年10月25日のコレコレ配信で凸者によって暴露されました。

炎上の発端となったのが、ハラミちゃんが2021年9月3日に投稿したYouTubeの動画、【0.5秒耳コピ】”ドラクエ”を初見プレイしながら耳コピ演奏してみたら神曲しかなかった件ついて【Dragon Quest】です。

なぜ、こちらの「耳コピ」の動画が著作権の違反にみなされるのでしょうか?

ハラミちゃんの炎上理由と内容は著作権違反?

凸者の証言によると、ハラミちゃんがYouTubeにアップしている「耳コピ」の動画は犯罪行為にあたるということです。

というのも、楽曲の製作者である権利を守るために、著作者人格権というものがあります。

そのため、本来であれば「耳コピ」してみたというYouTube配信をしている方は、耳コピをする前に楽曲に製作者に許可を取らなければいけないということになるのです。

そして、今回ハラミちゃんが耳コピしていた動画は、椙山 浩一さんという方が制作したドラゴンクエストの曲でした。

生前、椙山 浩一さんは自身の作曲した楽曲を勝手に編曲されることを嫌がっていた方でした。

また、クリエイターの権利を守るために、著作権問題について第一線で活動されていた方だったのです。

こちらを見て分かる通り、公式のHPにはドラゴンクエストの編曲についてこのように記載されています。

引用:Twitter

さらに、椙山 浩一さんは2021年9月30日にお亡くなりになられたばかりです。

追悼の意を込めるのであれば、このような作者の権利を踏みにじるような行為はしてはいけないという考えと、他人の曲をYouTube動画にアップすることで収益を稼いでいるという点で、問題があるということでした。

現在、紅白歌合戦への出演が内定しているハラミちゃんですが、今後の活動はどうなってしまうのでしょうか?

ちなみに紅白内定といえば、2021年はジャニーズ枠が減らされるのだとか…?

2021紅白のジャニーズ枠は何枠?撤廃の理由や内定出演者予想まとめ

 

ハラミちゃんの炎上・著作権問題で紅白出演はどうなる?

ハラミちゃんは2021年の紅白歌合戦への出場が内定しており、ピアノの演奏のパフォーマンスをすることになったいましたが、現時点では出演を辞退するというような発表はありません。

しかし、ハラミちゃんに罪が問われている著作者人格権とは、逮捕か罰金、またはその両方という可能性がある重大な問題でした。

著作者人格権、実演家人格権の侵害を起こした場合、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金などが定めれれています。

引用:CRIC

ハラミちゃん自身が、コレコレの生配信に登場することはなかったので、ドラゴンクエストの曲を演奏することについて椙山 浩一さんの許可を取っていたのか?という点は明らかになっていません。

現状では、著作者人格権というものについてそこまで詳しくないまま、動画で色々な楽曲を演奏していたという説が濃厚ではありますが、過去に楽譜を見たことがあり、暗譜をしていたということであれば、アレンジではなくなるので違反行為には当たらないということみたいです。

ただ、ゆゆうたさんの証言では、詳しく知らない部分があったという発言をされていましたので、ハラミちゃんもこれまでの「耳コピ」やアレンジしてみた動画が作者の許可を取っていない可能性の方が高そうです。

そうであれば、著作権の侵害は犯罪行為であることには変わりませんので、活動休止や紅白出演の停止など、今後何らかの措置がとられる可能性はありますね。

現在、YouTubeでは、歌ってみたや演奏してみたというようなコンテンツが多く、著作権侵害をしているという認識を持たずに配信している方が多くいらっしゃいます。

また、視聴する側も違法だと知らずに動画を見ている可能性がありますが、著作権という権利について、ひとりひとりが全体が知識を深めることが必要ですね。